日ごろからβカロチン,ルティンなど,何種類ものカロチノイドを摂取することを,心がけて生活習慣病を予防

ゲームやパソコンなどで使いすぎの方々にオススメ!

パソコン疲れの方々に!最大級のアントシアニン含有量/ブルーベリー・カシス・ルテイン【美容・健康の悩みならビー・エイチ・ラボ】
たった3粒で高濃度の北欧産ピルベリーエキスを260mg(アントシアニンとして約94mg!!) カシスエキスを10mg、ルテインを6mg配合しています。
花粉症じゃないのに  目がショボショボしたりしていませんか?
  「最近肩こりがヒドイ…。」
  「パソコンで目が疲れる…。」
  「ケータイのメールは目を細めながらで疲れる…。」
  「免許の更新が心配…。」
よく聞くセリフ。あなたも口にしたことありませんか?
でもやっぱり、現実問題として
一昔前なら テレビ・ゲーム・読書・新聞くらいで済んでたのですが
今では パソコンにケータイ・ポータブルゲームとわずか数年で 生活はドンドン便利になってきました。
でもたった一つ便利さと反比例して酷使されるのが。。。
  【【【【【  目  】】】】】 
だったのです。
超濃縮アントシアニン  ☆ブルーーベリー・カシス・ルテイン☆
シャープでクリアな視界を取り戻したい方を応援します!
ブルーベリー等が目に良いのは誰もが知っていると思います。
でも仕組みってなかなかわかりませんよね? ここで3大成分について、ちょっとだけ説明させてください。
【ブルーベリー(ピルベリー)】
ブルーベリーが目にいいのは、ブルーベリーに含まれる青紫の天然色素 「アントシアニン」が働きかけるからなのです。 説明しますと人間は網膜にある「ロドプシン」という色素が光による刺激を 脳に伝えることで物を見ています。 目を酷使すると、このロドプシンが減少してしまい感受性が鈍くなるのです。 そこでアントシアニンを摂取すると、ロドプシンの再合成を早めることになり 目の機能をアップするのです。 本品では一般のブルーベリーの5倍のアントシアニンを含むと言われている 北欧産のピルベリーを使用しています。 さらにアントシアニン36%以上含有のピルベリーエキスを使用し、 1日あたりの摂取量は260mg、うちアントシアニンは93.6mg! 本日の時点で2000〜3000円クラスの商品では突出しすぎ! 散々探しましたがこんな商品は見つかりませんでした。 メーカーさんの努力に頭が下がります。
【ルテイン】
ルテインは、緑黄色野菜の色のもととなるカロチノイドの一種です。 もともと目の中に存在し、若い頃は蓄積量も多いのですが、加齢とともに その量は減少します。 年齢をとると物が見えにくくなるなどの障害が多いのですが、それらは ルテインの減少が原因だと言われています。 これほど重要なルテインですが、体内で作り出すことができないため 食事など外部からしっかり補充することが重要です。 人に害を与える光線としては、紫外線が有名ですが、青い光は光線の中で 最も高いエネルギーを持つもので、細胞に与えるダメージも強力です。 紫外線は太陽からですが、青い光は、人工の光に多く含まれています。 人工の光とは蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム等。。。 ルテインは青い光のダメージを吸収してくれると言われています。 ルテインの1日あたりの目安摂取量は4〜7mgと言われていますが、 本品では1日あたり6mgの摂取が可能です。
【カシス】
ソーダやジャムでおなじみのカシスには、ブルーベリーと同様にアントシアニンが 含まれています。 ビタミンCやA、カルシウムや鉄などが含まれ、更に良質のポリフェノールも 豊富に含まれています。 パソコン作業などを長時間行うと水晶体の屈折率を調節し対象物にピントを あわせる機能が低下します。 カシスを摂取することで末梢血管の血流を改善し、目の筋肉の緊張を緩和すると 言われています。 本品では1日あたり10mgの摂取が可能です。 そのほかにも、瞳に輝きを与えると言われヨーロッパで人気のハーブ「アイブライト」 千里眼の木とも言われ古くから親しまれている「目薬の木」を配合しています。
過去にドライアイになった苦い経験を思い出しながら ブルーベリー関連商品を調べてみると。。。 すべての商品が原料にピルベリーを使用し、値段は1500〜2500円に 集中しているのに成分がまるでバラバラ。 「ブルーベリーエキス000mg配合でこの価格」 「業界トップクラスのブルーベリー配合量」 というものが多いのですが、じゃあアントシアニン含有量は?ルテインは? と思っても表示されていなかったり。。。
ハッキリ言います!
この商品はアントシアニン等の含有量で勝負しています!
コストダウンのためにビタミンAなどは入れていません。
そして、1日あたり93.6mgものアントシアニンを摂取できる商品は 同じ価格帯では見たことがありません。
もっと詳しい情報はこちら


ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの

緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部にはカロテノイドの中でもルテインとゼアキサンチンしか

存在していないため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています


植物の色素を形成するカロチノイドの中で、年齢とともに視力が衰えるか衰えないかを決める鍵を握っているのは

ルテインです。 一般に、目の生活習慣病といわれている白内障、緑内障、黄班変成症は、中高年を中心に増え続

けています。これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が目の細胞を傷つけているために起こると考えられ

ています。 しかし私たちの目には、活性酸素の害を打ち消す成分であるルテインとゼアキサンチンが備わっていま

す。しかし、年齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣ってきたり、食生活の欧米化でルテイン不足の

状態になってきており、このことが目の病気を引き起こす主な原因になっています。
詳しい説明はこちら





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。