日ごろからβカロチン,ルティンなど,何種類ものカロチノイドを摂取することを,心がけて生活習慣病を予防

スーパールテインのランキング

生労働省は「1日350gの野菜を食べること」をすすめていますが、現代のライフスタイルでは難しいのが現実です。近年は、野菜に含まれる栄養価の低下も懸念されており、野菜を食べていたとしても、栄養バランスに不安が残ります。「スーパー・ルテイン」は、現代人の健康を支える成分として注目されている、野菜や果物に含まれる色素成分、カロテノイドをバランスよく配合しました ルテインは老眼にも効果発揮

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの

緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部にはカロテノイドの中でもルテインとゼアキサンチンしか

存在していないため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています


植物の色素を形成するカロチノイドの中で、年齢とともに視力が衰えるか衰えないかを決める鍵を握っているのは

ルテインです。 一般に、目の生活習慣病といわれている白内障、緑内障、黄班変成症は、中高年を中心に増え続

けています。これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が目の細胞を傷つけているために起こると考えられ

ています。 しかし私たちの目には、活性酸素の害を打ち消す成分であるルテインとゼアキサンチンが備わっていま

す。しかし、年齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣ってきたり、食生活の欧米化でルテイン不足の

状態になってきており、このことが目の病気を引き起こす主な原因になっています。
詳しい説明はこちら





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。