日ごろからβカロチン,ルティンなど,何種類ものカロチノイドを摂取することを,心がけて生活習慣病を予防

目に対するルテインの働き

年齢と共に低下する視力。エイジング(老化)すると、身体の一部分が衰えてしまうことは仕方が無いことですが、それでも、目は人間にとってかけがえのない部分ですので、大切にしたいですよね。 最新の研究では、視力の低下を促進させてしまう病気の危険性を軽減させる成分として、カロチノイドの一種『ルテイン』に注目が集まっています。ルテインは、目を気にする方が利用するサプリメントに配合され、「目に作用する」という認識が徐々に広まりつつありますが、本当に視力を守ることが可能なのでしょうか? 今回は、カロチノイドシリーズの第3弾として、「ルテイン」のパワーをご紹介いたします。 目の水晶体と黄斑部に存在するカロチノイドは、ルテインとゼアキサンチンしか存在しません。それだけ、この2種類のカロチノイドは重要な役割を担っているのです。(ちなみに、ゼアキサンチンは、非常に良く似た成分で、ルテインの存在する部分には、一緒に存在している成分です。) ルテインの主な働きは、強力な抗酸化作用で、黄班部分の活性酸素を抑制するということ。 ルテインの特徴は、強力な抗酸化作用にあります。ルテインは、植物に多く存在するのですが、ルテインの欠乏した植物は、太陽の下だと、わずか数分で死に絶えてしまうということもいわれています。 そのため、眼球内のルテインが不足してしまうと、黄班部分の活性酸素やフリーラジカルの活動を食い止めることが出来ず、黄班変性症を患ってしまうことになるのです。また、最近では、ルテインの減少は、白内障などの眼病にも関係しているのでは?ともいわれています。 ルテインは主に目への効果が期待されている成分ですが、その他の部分でも、利用されています。 例えば、女性に発症する子宮頚管ガンの予防に利用されています。また、糖尿病患者に利用し、インシュリンの効果を正常化させるケースにも利用されています。

【特濃ルテインエース・2個セット】一粒に180個分のブルーベリーエキスと濃縮ルテイン配合のサプリであなたの瞳の疲れや眼病の予防を始めましょう


価格:3,360円(税込)

販売元:メディカル コスメティクス ジャパン MD

【商品詳細】

体内で作り出すことのできない、瞳に不可欠な栄養素ルテインをたっぷり配合し、また目に良いとされるアントシアニジンの含有量がブルーベリーの5倍という「ビルベリー」のエキス配合で、眼精疲労・眼病予防に大きく貢献することが期待できます。これこれ倶楽部

詳しい説明とご購入はこちらです



楽天市場でルテインの一覧を見る


ルテインとは

植物の色素を形成するカロチノイドの中で、年齢とともに視力が衰えるか衰えないかを決める鍵を握っているのはルテインです。

一般に、目の生活習慣病といわれている白内障、緑内障、黄班変成症は、中高年を中心に増え続けています。これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が目の細胞を傷つけているために起こると考えられています。
しかし私たちの目には、活性酸素の害を打ち消す成分であるルテインとゼアキサンチンが備わっています。しかし、年齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣ってきたり、食生活の欧米化でルテイン不足の状態になってきており、このことが目の病気を引き起こす主な原因になっています。

ルテインは緑黄色野菜の中でも、ケールやほうれん草に多く含まれています。このルテインを補うことで目の病気を治療したり予防する臨床試験が行われました。
ハーバード大学では、ほうれん草を食べることによって白内障の発生率が大幅に低下、
さらに、ルテインを摂取したグループは、そうでないグループに比べて黄班変成症の罹患率が43%も低下したという結果が出ています。

アメリカの研究では、ルテインの推奨摂取量は1日6mgとされています。
目の健康を維持するためには、毎日緑黄色野菜からルテインを摂取することが必要です。
ルテインを含む野菜(100g中)
ケール:21.9mg
ほうれん草:10.2mg
ブロッコリー:1.9mg
カボチャ:1.2mg
トウモロコシ:0.78mg

ルテインの強力な抗酸化作用!

◆酸化物,抗酸化とは?
人は呼吸によって摂りいれた酸素を使って食物からエネルギーを作り出しますが,このエネルギー代謝の過程で活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞などを酸化して障害を与え,ガンを誘発させたり,老化を促進したりする大きな原因の1つと考えられています。
カロチノイドには,この活性酸素を除去して,ガンや老化の促進を抑制するメカニズムが備えられていると考えられています。つまり,細胞が酸化される前に,カロチノイドが,自ら酸化されるために,身体を傷つけなくてすむのです。

◆ルテインの強力な抗酸化作用!
カロチノイドの仲間にルテインがありますが,このルテインにも,とても強い抗酸化力があるのです。
また,βカロチンと同じように体内に摂りこまれやすいカロチノイドです。
人間の血液及び母乳の中に多く含まれている,カロチノイドはβカロチンやルテイン,リコピン,αカロチン,フィトエンなどが挙げられます。
食物によって摂りいれられたカロチノイドは,ほぼそのまま,人間の血液や母乳の分布に反映しているのです。

◆血管障害,血液の酸化防止にも!
ルテインは,目に対しても非常に良い働きをします。特に血液,血管などにとっても,優れた働きをしてくれるカロチノイドなのです。
血液中の成分を調べてみると,ルテインの酸化物が発見できます。これは血管中でルテインが血液の酸化を防ぎ,身代わりになって酸化していることを示しています。
血液は当然のことながら,全身を流れていますので,このルテインの強い抗酸化作用によって,身体の酸化,ガンなどの予防に働くのです。
緑黄色野菜の中にもルテインを多く含むものがあります。特に緑色の濃い野菜には多く含まれています。緑,赤,黄色と色とりどりの食品を食卓に並べ,見る楽しみ,味わう楽しみを感じることも大切です。



ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの

緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部にはカロテノイドの中でもルテインとゼアキサンチンしか

存在していないため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています


植物の色素を形成するカロチノイドの中で、年齢とともに視力が衰えるか衰えないかを決める鍵を握っているのは

ルテインです。 一般に、目の生活習慣病といわれている白内障、緑内障、黄班変成症は、中高年を中心に増え続

けています。これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が目の細胞を傷つけているために起こると考えられ

ています。 しかし私たちの目には、活性酸素の害を打ち消す成分であるルテインとゼアキサンチンが備わっていま

す。しかし、年齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣ってきたり、食生活の欧米化でルテイン不足の

状態になってきており、このことが目の病気を引き起こす主な原因になっています。
詳しい説明はこちら





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。